tipman's tips

仕事も家庭も趣味も欲張りたい日記

HHKBって実際どうなのさ

HHKB(Happy Hacking Keyboard)の新作が発表されてから、毎日のようにレビュー記事がネット上にあがってきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】PFU製Happy Hacking KeyboardProfessional JP日本語配列/墨PD-KB420B
価格:25300円(税込、送料無料) (2019/12/21時点)

楽天で購入

 

 

んで、それを逃さずちゃんと見るもんだから

余計にGoogleニュースに優先して表示されるから、また見てしまうという繰り返しです。

 

どれもこれも絶賛記事ばかりですが、そんなに良いのかしら
と思ってしまいます。

 

もともと定期的にキーボードは欲しくなるタチなので、

行き着くところはHHKBなのかな、とは思っていました。

英語キーボードでBluetooth接続のキーボードを探していると、

必ずHHKBにたどり着いてしまうんです。


以前、結構本気で購入を検討したことがありましたが、

キーボードレビューを書いているようなブロガーさんたちみたいに

そんなに文章をたくさん書くわけでもないし、

プログラムもEXCELマクロかPythonのコードをちょっと書くくらいなので、

それよりもカーソルがファンクションキー押さないと使えないあたりが

エクセラーの私としては気になって結局手を出せていないでいました。

ショートカットキーとか使いにくくなるのはちょっと勘弁なので。

  

でも、最近また話題になっているところを見て、

またちょっと欲しくなっています。

 

 

 これとか使えば

カーソルとテンキーだけ別で用意もできるのでこれで不安な部分は補えるかなあ

とか考えています。

 

または、

HHKBと同じ静電容量無接点を採用しつつ、値段を半分程度に抑えたNIZ

で手を打とうかと考えたり。 

 

いや、でもやっぱこの墨の色がカッコよすぎて

これ以外だめだなんですよね。

Nizではゾクゾクしないもの。

 

一回買ってみようかな。

でもWI-1000XM2買う予定だしーーーー


 

 

んーーー

めっちゃ迷うー

 

ってなことを毎日考えてます。