tipman's tips

仕事も家庭も趣味も欲張りたい日記

ぐりんぱ

ぐりんぱに行ってきました。

www.grinpa.com

 

目的は、アスレチックと迷路とシルバニアファミリー。

都内からだと車で2時間半程度と、まぁ日帰りも可能な距離です。

 

開園は9時30分なので

7時に家を出る予定にしました。

6時に起きてコンビニで買い出しを済ませ、

 予定通りに7時に出発しました。

 

が、

  

大渋滞!!! 

東名高速なめてました。。。

 

 

裾野ICで高速を降りると、

今度は一般道が自転車だらけでまた渋滞になっていました。

裾野市は来年の東京オリンピックの自転車競技のコースになっているそうです。

抜かすのも気を使うので、自転車の集団ごとに車の列ができていました。

結局1時間以上足止めを食らって

11時に現地に到着しました。

 

 

 

思ったほど駐車場は混雑していませんでした。

f:id:tipman:20191103052649j:plain

 

 

 早速中へ入ると、いきなりシルバニア!

f:id:tipman:20191103053053j:plain

ぐりんぱ限定の「ののはなうさぎ」だそうです。

口の周りが富士山の形になっているそうです。

これはお父さんですね。

お母さんと、男の子と女の子と赤ちゃんがいます。

いつものファミリー構成ですね。

 

その後も怒涛のシルバニアが続きます。

f:id:tipman:20191103220727j:image

 

園内はシルバニアファミリーのものと思われる曲が

ずーっとかかっています。

やばいです。男子禁制のメルヘン地帯です。

 年季が入った建物も多く異様な雰囲気です。

 

メルヘン地帯を抜けるとウルトラマンが出てきます。

f:id:tipman:20191103220743j:image

 

若干建物も新しくなります。

シルバニアファミリーだけではやっていけなくなって増設したのでしょうか。

やっぱり男子も取り込むことにしたのでしょうか。

 

ウルトラマンエリアを抜けると、ようやくアスレチックと大型迷路が出てきます。

さらに新しく感じます。

もうここだけで良いのでは。

 

 

これが本日の本来の目的の大型迷路「ココドコ」です。

八景島シーパラダイスの「デッ海」と似たような作りですが、

それよりも少し複雑になってます。迷路としては楽しみ甲斐があります。

さらにこの奥には、「忍びの掟」というアスレチック迷路があります。

「忍びの掟」も同じくらいの大きさなので、大型迷路が2つあるということになります。

子どもたちのテンションが上がることこの上ないです。

さらにさらに、となりには「ピカソの卵」という

頭を使った珍しいアスレチックもあります。

最高かよ。

さらにさらにさらに、この日は行けませんでしたが、

入り口付近には、「カッパ大作戦」という水上アスレチックもあります。

もう子どもたちのテンションが下がる暇がありません。

さらにさらにさらにさらに、これもこの日は行けませんでしたが、

「ワイヤーマウンテン」という空中アスレチックもあります。

アスレチックの宝石箱や!

 

 

しかも、八景島シーパラダイスのアスレチック迷路は小学生からだったのに対して

「ピカソの卵」と「忍びの掟」は保護者同伴であれば3歳から挑戦できます。

八景島では、年中さんの次女が退屈してしまうので、地味にこの仕様はありがたい。

とても助かりました。

 

値段もこれだけの規模の遊園地にしては安く、

1dayパスが大人1人3,700円で、メルマガに登録すると2,900円まで下がります。

4人家族で1万ちょいです。

とてもお得です。

年間パスポートは無いようです。

 

さんざん遊んで帰りましたが、

帰りも自転車渋滞と東名高速の罠にハマって

結局また3時間以上かかりました。

 

 

交通の不便さとはあるけども、

多数の迷路とアスレチックとウルトラマンとシルバニアと

混沌とした雰囲気の中で

全部盛りのお子様ランチ的な遊園地ということで

また行きます。