家庭と仕事をガチで楽しむ方法を模索するブログ

育休なんか取らなくても家事育児をこなす親父になれる

セキュリティ保護下でもoutlookとgoogleカレンダーを同期したい!

会社のスケジュールはoutlook

個人の予定表はGoogleカレンダー

両方一度に見れたら便利だが、セキュリティ保護がかかっていて

outlookのスケジュールを外部と同期できない。

 

そんな場合にセキュリティを回避する方法。

 

 

0 セキュリティ保護されていない場合

セキュリティで保護されていない場合は

outlookを開き、予定表の「ホーム」タブから「予定表の共有」

を選択すればいい。簡単。

f:id:tipman:20190327125620p:plain

 

 

 

1 office365にアクセスする 

このoffice365が今回のキモになる。

まずはブラウザからサインインする。

f:id:tipman:20190327125623p:plain

 

 

2 Flowを開く

左上のアプリメニューから「Flow」を選択する。

f:id:tipman:20190327125633p:plain

 

 

このMicrosoft Flowは、ざっくりいうとマイクロソフト版IFTTTで

様々なテンプレート(IFTTTでいうところのレシピ)を作成し、

Webサービス同士を連携する事ができるサービスである。

このMicrosoft Flow を使ってoutlookとGoogleカレンダーを連携する。

 

3 テンプレートを選ぶ

Microsoft Flowをひらくと

Outlook.com とGoogleカレンダーの同期のテンプレートがある。

f:id:tipman:20190327125636p:plain

 

しかし、これを選ぶと

下記のようなエラーが出て先へ進めない。

f:id:tipman:20190327125640p:plain

 

 

そこで、

以下の画面からOffice365からGoogleカレンダーへの同期を選択する。

outlookのカレンダーはOffice365と連携しているので、

Office365からGoogleカレンダーにデータが送れれば大丈夫

f:id:tipman:20190327125646p:plain

 

あとはGoogleのアカウントにログインすれば

プライベート携帯で会社のスケジュールが確認できるようになる。

以上。

 

それにしても、outlook.comでのスケジュール共有を許可制にしたって

これではセキュリティの意味が無いのでは?

という気もする。

Microsoftのサービスだけで回避できてしまうのがなんとも言えない。

 

 

 

 

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.S N-002

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.S N-002