家庭と仕事をガチで楽しむ方法を模索するブログ

育休なんか取らなくても家事育児をこなす親父になれる

【社畜でも分かる労働組合】中央大会に行こう

労働組合の仕事で、中央大会に参加してきた。

 

中央大会というのは、年に2回、10月と2月に開催され、

執行委員と代議員が集まって、活動報告、規定の改定の追認を行う行事である。

 

また、この時期は労使交渉での要求内容の確認も行う。

それと、今回は7月に参議院選挙があるので上部団体の副委員長が来て、

政治の話をしていった。

 

中央大会と言っても参加者十数名のうち、

話すのは、司会、挨拶(2名)、発表者(1名)の4名だけ。

しかも2名は挨拶である。

一応審議のかたちを取っているので、基本的には発表者が喋って、司会の人が

「拍手を持って承認とします」

って言ったらみんなで猿のおもちゃみたいに手をたたく。

これの繰り返しが主な内容になる。

 

 

執行委員は必ず出てくれと言われたから出たものの、

これに出席するために半日時間つぶして移動して

中央大会自体も半日あって、丸一日無駄にした結果

やったことは猿のおもちゃの真似事である。

無駄以外の言葉が正直見つからない。

誰も疑問を持っていないことが更に怖い。

 

審議が終わったら、政治の話。組織内候補を擁立するための話をする。

要するに、自分の名前と家族の名前を書いてよこせ、ということだった。

 

自分たちの産業に有利な政策を通してもらうためには

どうしても組織内候補の擁立が必要なんだ、という説明には納得する部分もある。

以前、民主党政権だったときに優遇措置を勝ち取れたが、猶予期間が少ない。

なんとかしないといけないんだということだった。

特に今は(というかずっとだが)民主党が弱まっているので比例でも

議席数を取れないため、絶対に協力するようにとのことだ。

 

各社組合員の3倍がノルマとのこと。

少ないと吊し上げて責めるんだと。

 

ノルマ制とか、脅して家族の分まで個人情報集めとか

やってることが非効率すぎて気持ち悪くなる。

  

「会議に出席しても何も発言しないのなら、いないのと同じ」

という言葉がある。

そうなると、これはいないことを要求されている会議ということになる。

 

コレを毎年やっている委員長さんや副委員長さんや書記長さんは

正気なのだろうか。

(正気じゃないから労働組合の委員長なんかやってるんだろうな)

 

次回は是非、私の代わりに猿のおもちゃを置いてもらいたい。

過不足なく仕事をこなしてくれるはずだ。

 

 

拍手ロボット ビッグクラッピー

拍手ロボット ビッグクラッピー

 

 

 

Zwindups(ゼットワインドアップ) シンバルタッカー

Zwindups(ゼットワインドアップ) シンバルタッカー